診療費

動物病院は自由診療ですから、診療費は各病院で様々。

今後も、独占禁止法の関係から統一料金はないでしょう。

各動物病院は、どうやって金額設定をしているのかと言うと、

新規開業の場合は、今まで働いていた病院の設定を参考にするのが多いと思います。

大学を卒業後、動物病院で3年以上の代診を経験し開業するケースが多いと思いますが、

ここでの数年間は、臨床経験を積む事がメインになります。

入学時から将来は小動物の獣医師になろうと思っていても、

大学での授業の対象は、牛馬豚犬羊と幅広く、犬猫に限られている訳ではありません。

だから、小動物の臨床を実際に経験し、治療のイロハを習い、

診察を自信をもって行えるように、院長や先輩獣医師の指導を受けながらキャリアを積む代診時代が、

小動物診療をする臨床獣医師にとって重要な期間になります。

臨床獣医師としての姿勢を形成する意味では、大学時代よりも大きいかもしれません。

しかも、獣医学科のカリキュラムには、経営学や経済学と言ったものはありませんし、

代診時代にも経営にタッチする訳でもないから、

いざ開業となった時に参考にするのは、代診先の動物病院の価格設定と言う事になります。

この頃は、動物病院を対象にした経営コンサルタントに依頼する事もあるようですね。

・・・・・続く

201607042