マーハ動物病院ロゴ

沼津市・富士市・三島市・裾野市・長泉町・函南町・
清水町の動物病院

マーハ動物病院

診療時間
9:00~12:00
14:00~19:00
休診日
日曜日
木曜・祝日は午前のみ営業
お問い合わせ
055-967-4707
はじめてご来院される方へ

中医学

Chinese medicine

中医学

ホーム │ 中医学

治療の様子

動物の医療

動物病院でも高度医療専門の病院や単科診療(皮膚科や心臓専門など)の病院が、都会だけではなく地方にもできる時代になりました。
10年20年前だったら大学病院まで行かなくてはできなかった高度の検査・治療が、割と近くの病院でできるようになりました。

それでも、全ての病気が治る訳ではありません。それは、発見はできても手術ができない状態だったり、治療に掛かる時間や経済的な理由でやむなく諦めなくてはならなかったり等々、理由は様々です。

また、原因が特定できない場合や検査結果と症状が一致せず、治療方針が定まらない場合もあります。そのような時に、当院は中医学の手法を用いる事で、回復への道を検討します。

中医学

自然療法の医学

中医学とは、中国伝統医学の総称です。紀元前3~4世紀頃に形成されたと言われています。
日本の漢方医学(東洋医学)は、中医学を源にして独自の発展をした医学です。現代の世界医学体系では、中医学は代替医療の範疇に入ります。

中医学は、陰陽五行学説を基礎理論として、望診・聞診・問診・切診の四診法を用いて、病気の原因とされる五臓六腑、経絡、気・血・津液の変化を探り、正気と邪気の強弱を判断して、鍼灸・漢方・刮痧・食事療法などの治療法を通じて、崩れた陰陽バランスを回復させ、病気を治す自然療法の医学です。

中医学イメージ1
中医学イメージ2
中医学イメージ3

中医学の特徴

治療の対象は「動物」
| 病名からの対症療法ではなく、心身の関連性から病気の根本を求める
「末病」の捉え方
| 病気になる前に出た症状を改善し、予防は治療に勝ると唱える
「固体差」を重視
| それぞれの体質・体調に合わせたオーダーメイドの治療
「漢方薬」という天然薬物
| 体質に合った体に優しい薬草
「自然」との調和
| 四季という陰陽両気の変化に合わせ身体を養生し、自然治癒力を強める考え方

中医学治療の様子

鍼治療の様子1
鍼治療の様子1
鍼治療の様子2
鍼治療の様子2
お灸治療の様子
お灸治療の様子
本ページの中医学の説明は、院長の中医学の師である雲瑶中医師が会長を務める「刮痧国際協会」のHP内にある説明文を、動物用に変更したものです。

PAGETOP